• HOME
  • 求人カテゴリー:NPOに就職する

NPOに就職する

   

就活中のあなたにとって「NPO法人」が選択肢に入ることはありますか?「そもそもお給料ちゃんともらえるの?」「法人や事業の実態がよくわからなくて不安」…そんな声が聞こえてきそうです。

この特集には、「NPOに就職する」という選択をした人たちが登場します。中には新卒でこの道を選んだ人も…!また、「NPOの正体」にも迫りました。NPOはお金を稼いじゃダメなんて、先入観でした。

誰かの役に立ちたい。「ありがとう」を近くに感じられる仕事をしたい。人としっかり関わり合って働きたい。仕事探しにおいてそんな想いを持つ人にとって、この特集が役に立つものになれればと思います。

まず、NPOの基本を知ろう

Q.NPO法人って就職できるの?
株式会社と同じように事業売上を立てながら運営する「事業型NPO」なら、就職のチャンスがあります。
Q.「事業型NPO」ってどれくらいあるの?
全国にNPO法人は約5万団体あります。そのうちのおよそ10%が事業型NPOと言われています。残りのおよそ90%はボランティア型で運営されています。
Q.お給料はどれくらいもらえるの?
株式会社が、給料や勤務日数などの条件を各会社で決めているように、NPOも各団体の就労条件によって変わってきます。各NPO法人の採用情報をwebサイトから確認してみましょう! ちなみに過去にハローライフが求人記事を掲載したNPO法人の採用時平均月給額は224,483円でした。技術の向上や貢献度によって、お給料アップを図れる団体もあります。
Q.NPOって、どうやってお金稼いでるの?
収入の種類は、株式会社と変わりません。『委託事業収入』『自主事業収入』『補助金・助成金』『会費』『寄付金』の5種類があります。行政や企業から案件を受けたり、モノやサービスを売って収入を得るということも株式会社と同じようにしています。
Q.じゃあ株式会社とNPOってなにが違うの?
Q.収入や利益があるのになぜ「非営利組織」と言うの?
Q.やりがいがありそうで興味があるんですが、不安定そうで周りに就職を反対されています。。。

そんな疑問や不安を解消する記事を書きました!「NPOの教科書」著者・佐藤大吾さんにNPOについてインタビューした内容を、楽しくわかりやすく聞きまとめています。NPOへの就職に少しでも興味のある方は、ぜひ読んでみてくださいね!


NPOの人に会ってみよう

ハローライフがいつも開催している「ホンネで話せる夜の合説」。9月は「NPOに就職する」をテーマに、さまざまなNPO法人にお集まりいただきます。「こんなことを仕事にできたらいいな」と感じる団体がひとつでもあったらぜひお気軽にご参加ください!

9/21(金)
ホンネで話せる夜の合説

〜NPOというキャリア 編〜

ホンネで話せる夜の合説」は、ドリンク片手に気軽に話せる合同企業説明会。かしこまった説明会では知ることのできない、NPOで働く人の本音や、仕事の醍醐味に、ぜひ迫ってみてください。求人枠をもつNPOなので、心うごいたらぜひエントリーを!

当日はハローライフ全館を会場に、自由に周遊しながら、NPOで働く人との交流を楽しんでいただけます。仕事帰りにおひとりでも、誰かを誘ってふたり以上でも大歓迎です。

参加NPO紹介
Company 1.
NPO法人ちゅうぶ Webサイト
理念:
障害があっても、人の力を借りて自己選択・自己決定する
アクション:
障害のある方が自立して生活できるための相談支援や訪問介護サービス・社会制度や環境の改善など
募集:
総合職
Company 2.
NPO法人JAE Webサイト
理念:
「自ら問題の解決や新たな価値の創造に挑戦する心」を持つ人材を輩出する
アクション:
企業向け社員研修×学校向けキャリア教育プログラム「ドリカムスクール」・大学生向け長期実践型インターンシップ「アントレターン」
募集:
コーディネーター
Company 3.
NPO法人HELLOlife 求人記事
理念:
誰もが自分らしい働き方・生き方を実現できる社会をつくる
アクション:
「働く」ということにまつわるさまざまな問題を解決する就業支援・公共づくり事業
募集:
ディレクター・企画・営業など

9月21日(金)開催
「ホンネで話せる夜の合説」
詳細はコチラ

いろいろなNPOや法人を知ろう

『会社の視点』が働き手にとって大きな差を持つ時代。法人格の種類ではなく、『その団体が何を見て仕事をしているのか』ということが視点として重要なのではないかと感じます。
一般的な株式会社以外にも、これまでハローライフに掲載した法人はさまざま。あなたの理想の仕事、働き方は、どんな組織で実現できそうですか?