「スキな業界でメシを食う」を考える3日間

開催日 2020.10.01
このイベントは満席になりました。


本イベントはNPO法人HELLOlifeが運営する「OSAKAしごとフィールド」のイベントです。

数ある「〇〇好き!」の中から4つのテーマをピックアップ!「スキな業界でメシを食う」プロの就活ストーリー、「スキな業界でメシを食う」ためにはどんなことが必要で、なにから始めればいいのか?素朴な疑問を、各業界のプロに投げかけます。

9/29(火) 19:00〜20:30
ゲーム好きが「スキな業界でメシを食う」を考える。

Guests.1
専門学校 HAL大阪 内海 秀明氏
前職では(株)カプコンにてゲームサウンドを担当。代表作はバイオハザードシリーズ、デビルメイクライなど。現在は、専門学校HAL大阪にてゲームサウンドを学生に教えている。ゲームに関わる若者たちを育てるのが「スキ」。
Guests.2
株式会社PACkage 山口 勇氏
元プロeスポーツチームの選手。プロ選手引退後はマネージャーを経て独立し株式会社PACkageを設立。eスポーツイベントを中心に企画制作をしている。ゲームを通じて楽しい時間を創造するのが「スキ」。


9/30(水) 19:00〜20:30
鉄道好きが「スキな業界でメシを食う」を考える。

Guests.1
南海電気鉄道株式会社 内田 靖彦氏
2012年に駅係員として入社、関西空港駅へ配属。2014年に正社員に登用される。関西空港駅では駅係員として、駅構内の安全確保・お客さまのご案内等に従事。2019年に助役試験(駅の監督職)に合格し、現在は新今宮駅で助役として勤務している。お客さまから「ありがとう」の言葉を頂くのが「スキ」。
Guests.2
近畿車輛株式会社 浅野 基樹氏
入社以来、鉄道車両の室内ぎ装設計を担当している。鉄道車両という狭く限られた車内スペースの中で、いかにして機能と快適性を具現化するかという難題に挑み続けている。完成した新型電車が走り始めたときの達成感が「スキ」。
Guests.3
水間鉄道株式会社 西田 康彦氏
1988年に水間鉄道入社。車掌を経て1991年より2006年まで運転士を経験し、その後事務職となり現在に至る。入社当時、車掌で車内きっぷ販売などを行っていたころ、お客様との距離が近く、アットホームな関係であったことは楽しい思い出である。お客さまとアットホームな関係をつくるのが「スキ」。


10/1(木) 19:00〜20:30
動物好きと子ども好きが「スキな業界でメシを食う」を考える。

Guests.1
天王寺動物園 棚田 麻美氏
9年間水族館に勤務し、海の哺乳類や魚類の飼育管理や水族館運営を行いながら、新施設の立ち上げにも携わった。2019年、それらの経験を生かして、天王寺動物園へ転職。現在は、動物専門員として、動物園で暮らす動物たちの福祉を向上させるべく、日々働いている。大好きな動物たちの幸せをあれこれ考える毎日が「スキ」。
Guests.2
大阪市小学校教員 金 大竜氏
「日本一ハッピーな学校をつくる」ことを夢みる、教師歴18年目の大阪市小学校教員。周囲からは“ハッピー先生”と呼ばれている。型にとらわれない個性的な実践が注目を集め、様々なメディアで取り上げられている。子ども達が自分の好みで生きている表情を見ている時が「スキ」。でも、そんなことを提供できてる自分自身も「スキ」。


▼詳細・お申し込みはこちらから
「スキな業界でメシを食う」を考える3日間 特設サイト
https://shigotofield.jp/sukimeshi/(外部サイト)



注意事項
・本イベント開催会場は「ハローライフ」ではございません。
・ご参加には、OSAKAしごとフィールドへの登録(無料)が必要です。
・やむを得ずキャンセルされる場合は、事前に以下の電話番号までご連絡をお願いします。

■OSAKAしごとフィールド 総合受付
06-4794-9198
受付時間:月~金曜 9:30~20:00、土曜 9:30~16:00

このイベントの申込は終了しました。