【音楽・映像制作の世界】令和の新卒就活考えナイト#1

開催日 2019.11.18
このイベントは満席になりました。



新卒就活で選ぶ、人生1社目の会社だからこそ
「親の反対を押し切って、小さい頃から憧れだった業界で働く」
「会社の規模や知名度よりも、自分が本当にやりたい仕事に挑戦する」
そんなふうに「就活」や「働き方」も、これからもっと変わっていくはず。

本イベントは、参加者とゲストが一体となって令和時代の新卒就活を考える連続企画。
第1回目となる今回は、音楽・映像制作業界という、ちょっと珍しいキャリアを選択したゲストにお越しいただきます。

みなさん一度は見たことがあるあのCMや、ついつい口ずさんでしまうあのメロディなど…有名な作品を手がけているお二人。当時の就活経験や入社の決め手、実際の仕事内容など、あまり知られていない音楽・映像制作業界のリアルを聞くだけでなく、実際の仕事の一部を体感する機会もご用意しています!

・音楽やTVを見ること、映画やアニメなど映像作品が好き
・映像・音楽制作業界の仕事内容や働き方について知りたい
・クリエイティブな仕事に憧れがあるけど、どうしたら業界で働けるかわからない
そんな就活生のみなさんは、ぜひご参加くださいね。

お一人参加もお友達を誘っての参加も大歓迎です。皆さんのご参加をお待ちしてます!

ゲスト
大田 結(株式会社ステップ 制作部 部長 プロデューサー)
1982年大阪府生まれ。CM音楽プロデューサー・振付師。学生時代よりCDジャケットデザインやミュージックビデオの制作などを独学ではじめる。2005年,関西大学社会学部マスコミュニケーション学専攻(現・メディア専攻)を卒業後、パジャマのような私服で働ける会社がいいなぁ…と、株式会社ステップに新卒入社。2019年より神戸大学大学院経営学研究科(MBA)の学生として「クリエーティブと組織」について研究を進めている。最近の悩みは、WLBならぬWSB(ワークスタディバランス)と腰痛。好きな食べ物はキャベツと梅干し。
ゲスト
眞井 優花(TIMELY Co.,LTD. 制作技術部 Creative Contents課 課長 ディレクター)
1984年京都生まれ。映像ディレクター・演出家。関西外国語大学短期大学部英米語学科を卒業後、グラフィックデザイナーとして商業施設などをメインとした空間デザイン会社に勤務。デザインにおけるディレクションやブランディングに携わった経験を活かし広告/放送マスコミ業界へ転職、2005年に現在勤めている有限会社タイムリーへ入社。イベント映像から各種PV/CMやMVなどジャンル問わず幅広い映像のディレクション・演出を行う。モチベーションの源は出張先のご当地飯。最近の悩みは今後の居住地。好きな食べ物は北京ダックとらっきょ。
モデレーター
島田 彩(NPO法人HELLOlife 施策ディレクション室)
1987年大阪府生まれ。関西大学社会学部マスコミュニケーション学専攻(現・メディア専攻)卒業後、新卒でハローライフへ入社。就業やキャリア教育分野におけるプログラムの企画、ディレクション、デザイン等のクリエイティブワークを行う。10代の頃に声優・ナレーション業をしていた経験を活かして、イベント司会や、音楽・映像業界で働く方々と声を使った活動もしばしば。最近の悩みは虫歯。好きな食べ物はたべっこ水族館。

日時
2019年11月18日(月) 19:00~21:30(受付18:45~)
場所
ハローライフ (大阪市西区靭本町1-16-14)
3Fイベントスペース
アクセス
Osaka Metro 四つ橋線 本町駅28番出口から徒歩5分
Osaka Metro 御堂筋線 本町駅5番出口から徒歩10分
対象
2021卒、2022卒予定の学生
参加費
500円(1ドリンク付)
内容
19:00〜19:10 オープニング
19:10〜20:00 ゲストトーク
20:00〜21:00 仕事体感・実演ワークショップ
21:00〜21:30 質疑応答・参加者を交えたディスカッション
※プログラムは変更される可能性もございますので、ご了承ください。
このイベントについて
東京を中心に開催される働き方の祭典“TOKYO WORK DESIGN WEEK”と連携し、「働く」を考えるイベントを開催いたします。

次世代の輪をつくる、7日間の働き方の祭典
TOKYO WORK DESIGN WEEK(http://twdw.jp/

このイベントの申込は終了しました。