求人情報

株式会社スピッカート

都会の喧騒から離れた地域のデザイン事務所で、理想のデザインを実現するエンジニアの仕事

  • 2021/05/07 公開
  • 2021/06/08 更新

※ハローライフでの募集は終了してますが、
採用状況は各社に問合せください



天王寺駅からも和歌山駅からも快速で約30分。大阪府南部の泉州地域にあるJR熊取駅からさらに約2.5km離れた住宅街の一角に、デザイン事務所・スピッカートはあります。

(事務所の外観。カフェと間違えて入ってくる人もいるそうです)


もとはお饅頭屋さん、建具職人さんの住居兼作業場だった築80〜100年の古民家をリノベーションしたオフィスで働くスタッフは11名。うち7名が熊取町で暮らし、車かバイク、徒歩で通勤しています。代表の細尾さんが2008年に起業し、2016年に法人化。2018年1月末に、都会の喧騒から離れた現在地にオフィスを移転しました。

「お客様の業種も規模もさまざま。大手企業も近くのピアノ教室も、ご依頼があればお応えする」そんなスタンスで地元や近隣地域だけでなく、東京や鹿児島、沖縄などのお客様ともやりとりし、WEBサイト制作を中心に(約8割)、ロゴやイラスト、パンフレットなどグラフィックデザイン全般を手がけています。

https://kofukuyu.com/
(60年以上の歴史があり、数年前に建物をリニューアルした和歌山市の銭湯)


http://www.mukashin.com 
(創業は明治25年。大阪・泉州で和・洋菓子をつくっている老舗の菓子屋)


https://kinokawa-life.jp/
(紀の川市の暮らし&移住ガイドメディア「Good Life with Kinokawa」)


地元泉州をはじめとした地方の特産品や企業をデザインの力でサポートしやすいところも、ローカルな場所に根を下ろしたスピッカートならでは。

「わたしたちにできることはそんなに多くはありませんが、地元企業、地方企業のみなさまとわたしたちのデザインで、「地元をおもしろく」することができれば。少しでもそのお手伝いができれば、これほど嬉しいことはありません」

会社の理念として掲げられたその言葉にも、地方の企業を元気にしたいという思いが込められています。
デザイン事務所という忙しい業種でありながら、のびやかでゆったりとした空気が漂っているのは、ローカルな立地や広々とした空間、風通しのよい職場といった環境の力も作用しているからでしょうか。

「人感」や「温度感」、手書きやアナログ特有の「あたたかさ」が感じられるスピッカートらしいデザインも、そんな環境と無関係ではないはず。「ホームページを見てビビッときたんです。うれしくて思わず電話をかけてしまいました」というお客様もいたそうで。

(天井が高く、窓も大きいからか、実際以上に広く感じられる空間です)


また、人を「育てる」ことを重視しており、新卒で入社したスタッフは5名。平均年齢は32歳という特色ある会社です。

そんなスピッカートで今回募集するのが、フロントエンドエンジニア。実務経験は問いませんが、「HTML5、CSS3でレスポンシブサイトのコーディング、Wordpressのテンプレート設計、開発ができること」は必須条件です。

では、実際にスタッフはどんな働き方をしていて、何を大事にし、何を目指しているのか?働いてるスタッフの声を通して、スピッカートという会社を紐解いていきます。

自分で考える経験が肥やしになる


まずお話をうかがったのは、入社3年目の田野圭太さん。無印良品と、熱帯魚を通信販売する会社で6〜7年ずつ働いたのち、スピッカートに転職しました。

(「ひとりでいることがまったく苦にならないタイプ」だという田野さん)



田野さん アイコン
「家が近いのと、制作実績を見て楽しそうだと感じたことがきっかけです。もともと自分で何かをつくることが好きで、以前、自作したスマホのアプリをGoogleストアに掲載したこともあります。ただ、僕としてはそこで十分満足していたので、反響やレビューはまったく気にしていませんでした。最近は自分で使う家計簿アプリをつくりましたが、つくっている最中が一番楽しいんです」

しかし、仕事だと自己完結では済みません。顧客の要望やユーザーの使いやすさを考慮する必要があります。特にデザインを重視しているスピッカートでは、「デザインを完全に具現化するコーディング」が求められるのです。

(「10名を超える集団なのにグループ化せず、お互いの関係がフラットなことに驚いた」と田野さん)



田野さん アイコン
「エンジニアが延々コーディングするような会社もありますが、当社はそうじゃない。Webサイトの設計図を描くところから公開されるまで手がける、いわば更地から家を完成させる案件が大半なので、コードを書いているよりも構想を練っている時間の方が長いんです。案件によっては自分の想定やスキルを超えた無理難題もありますが、それを解決していくのも楽しいですね。自分だけの考えでつくっていると、どうしても自分ができる範囲で収めがちになってしまいますから」

フロントエンドエンジニアとしての仕事内容は「入社時から変わらない」という田野さんですが、2人の先輩が抜けた2年目にはエンジニアチームのリーダーになりました。

田野さん アイコン
「リーダーとして心がけているのは、後輩に対して一から教えないこと。実際の仕事では、専門学校のような整った動作環境はほとんどなく、“教科書にない”対応が求められます。だから自分の頭で考えて、答えに一歩でも近づくことが一番大事。いずれは、自社開発したWebサービスで利益を出すことが個人的な目標ですね」

(「子どもの頃はレゴが好きだった。パーツのレパートリーは少なかったけれど、限られているからこそ工夫の幅があっておもしろかった」と田野さん)



1人の100歩ではなく、全員の1歩。


次に紹介するのが、新卒で入社した1年目の李漢彬さん。生まれ育った韓国の大学を卒業後、約2ヶ月間のリモート勤務を経て渡日。高校でも大学でもデザインを学んでいた李さんですが、「ゼロから何かをつくるのは自分には合わない。すでにあるイメージをかたちにする方が楽しい」からと、エンジニアとしての道を探し始めたのです。なぜ、スピッカートで働くことを選んだのでしょうか?

(「人情派なところが好きで、昔から大阪にはよく旅行で来ていた」という李さん)



李さん アイコン
当社の制作実績を見て、デザインに一目惚れしたんです。その気持ちは、社内の人間になった今も色褪せていません。少し前に、銭湯のWebサイトのコーディングを担当したのですが、デザイナーさんの描いたイラストがかわいすぎて、仕事が手につかなくなるほどでした(笑)。このかわいさを何とか生かしたい、という気持ちが原動力になっていましたね」

「大人になったら海外で生活したい」いう夢を抱いていた李さんのなかで、日本で働きたいという気持ちが固まったのは大学3年生のとき。東京にある貿易会社で1ヶ月ほどインターンをしたとき、日本は自分の肌に合っていると感じたそうです。

(「大学時代は映画もつくっていた」という李さん)



李さん アイコン
「その会社では、日替わりで世話をしてくれる方がいて、専門用語やビジネスシーンで使用する日本語について教えていただいたり、他の会社にも連れて行っていただいたり。会社全体で人を育てる文化があるところに惹かれました。

スピッカートもそこは同じ。すごくゆったりしていて、厳しい上下関係はまったくないので、先輩に何でも話せるし、何でも相談できます。みんなお互いに配慮しながら仕事をしているので、すごく働きやすいですね


李さん アイコン
「日本語については、日常生活で不自由することはなかったけれど、仕事で使う専門用語はやっぱり難しい。今も苦戦していますが、自分で考えたり、調べたり、人に教わったりして、少しずつレベルアップできていると思います。

技術面では、コーディングのスピードが速くなったと自分でも実感するし、まわりも褒めてくれます。まだ半年ほどしか経験がないので、焦らずにスキルを高めていきたいですね。将来的には、デザイナーの理想を叶えられるエンジニアになることが目標です」

(代表の細尾さんが、自宅で飼っている犬を毎日連れてきています)


「アシスタントという役割を設けず、新人でも、できる限り1から仕事をまかせる」というのがスピッカートの考え方。エンジニアの3人も、基本的には1人1案件を担当しています。昨年デザイナーの方も話されていましたが、「まずは自分で考えること」は会社の方針として一貫しているようです。

その象徴となるのが、「1人の100歩ではなく、全員の1歩」というスローガン。即戦力を求めがちな10名規模の制作会社において、新卒で入社した社員が5名もいるところにも、じっくり腰を据えて取り組むゆとりが感じられます。

「コロナ禍の影響により、昨年9月〜10月の2ヶ月間、李にはテレワークで働いてもらいました。その間ずっと、彼女が孤独感を感じないように毎日、仕事後にオンラインで話を聞いたり、技術面でサポートしたりと、それぞれが忙しいなかでも時間を割いてくれたのはありがたかったですね」と話すのは代表の細尾さん。

時を重ねれば重ねるほど熟成されていく、味わい深い仕事を


ともすれば効率やスピード感ばかりが偏重され、早く結果を出すことを求められる現代。そんな時代とて、年月を重ねることでしか手に入らないものは変わらず存在しています。

熊取に根ざして、地域との関わりを育んでいく。
遠方にもいるお客様との間に根を下ろし、信頼を育んでいく。
人材育成にも積極的に取り組み、スキルを育んでいく。

樹木がゆっくりと幹を太らせていくように、長い目で成長を志す。スピッカートが重んじる「育む」姿勢は、じっくり物事に取り組む姿勢とも言い換えられます。

最近では、「7〜8年前、法人化する前にお仕事をさせていただいたお客さまから、Webサイトのリニューアルを依頼されるケースが増えている」というのも納得です。来月には、新規顧客と既存顧客のチームにわける組織変更を実施予定。既存顧客にもより積極的に関わり、関係性を深めていける体制づくりを目指しています。

「紙かWEBかを問わず、デザイン制作はスパンが長い仕事。だから原則として、単発、急ぎの案件は受けない」という代表の細尾さんの言葉に、スピッカートらしさが詰まっている気がしました。

じっくり育むことで、言葉を尽くさなくても通じ合う関係が生まれ、おのずと他と比べられない存在になる――。デザインの三歩先を見据えるスピッカートでは、時を重ねれば重ねるほど熟成されていくような、味わい深い仕事ができるのかもしれません。

【デザイナー職の採用について】
株式会社スピッカートでは、2022年度新卒デザイナーも応募受付中です。デザイナーとして働きたいと考える2022年度新卒の方は、エントリーフォームの「自己紹介・メッセージ等」にその旨を記載の上、エントリーしてください。

スピッカートのデザイナーの仕事に関する記事はこちらをご覧ください。

この会社の求人情報を、
だれかに教えてあげてね

募集要項

企業名・団体名
株式会社スピッカート
募集期間
2021/06/07 〆切
募集職種
コーダー・フロントエンドエンジニア
仕事内容
・レスポンシブ対応のWebサイトのコーディング
・レスポンシブ対応のWebサイトのフロントエンドの実装
・Wordpress等の実装
雇用形態
正社員(試用期間2ヶ月あり)
応募資格
経験は問いませんが、必須スキルは満たしている方。経験者は優遇します。

【必須スキル】
・HTML5、CSS3(SCSS / SASS)でレスポンシブサイトのコーディング
・WordPressのテンプレート設計、開発ができる方
・PHP、javascript等のプログラミング知識のある方
・XD、Photoshopなどの操作が問題なくできる方

【歓迎スキル・経験】※必須ではありません。
・futureshop、MakeShopなどのASPを用いたECサイトの構築経験
・Vue.js, React, Angularなどのフレームワークを用いた開発経験
・gitを使ったバージョン管理
・スマホアプリの開発経験

【求める人物像】
・明るく前向きな方
・お客様視点で仕事に取り組める方
・デザインが好きな方
・粘り強く挑戦心があり、自分で目標を決め取り組める方
勤務場所
大阪府泉南郡熊取町小垣内3-3-2 本社
※屋内の受動喫煙対策あり(敷地内禁煙)
勤務時間
9:00〜18:00(内1時間休憩含む/残業あり)
給与
月給21万円〜
(基本給165,000円+固定残業費45,000 ※時間外労働の有無に関わらず、35時間分の時間外手当として支給)
※経験・スキル・前給等を考慮し、面談の上決定します。
休日・休暇
休日 / 週休2日制(土日)・祝祭日・年末年始・夏季休暇・慶弔
待遇
交通費支給(上限20000円/月)、社会保険、雇用保険、子供手当、お祝い金制度、近隣住宅手当(上限15000円/月※熊取町内で一人暮らしをする方)、昇給・賞与※業績による
採用予定人数
1〜2名
選考プロセス
1)本サイトからエントリー後、
 履歴書・職務経歴書・ポートフォリオ(制作した作品)を弊社までご郵送またはメールにてお送りください。

【書類送付先】
〒590-0432
大阪府泉南郡熊取町小垣内3-3-2
株式会社スピッカート 採用担当宛
※ご郵送いただいたものはお返ししておりません。

【メールアドレス】recruit@spicato.com

2 )書類審査後、通過者のみメールにてご連絡
3 )代表との面接を実施
4 )代表および担当者との面接を実施(スーツ以外の私服でお願いします。)
※3)4)の面接の結果はすべての方にお知らせします。
※面接時は普段着にてお越しください。
※コロナウィルスの感染拡大の状況により、ZOOM等でのオンラインによる面接になる可能性がございます。
職場見学
仕事内容や職場の雰囲気を体感いただける、職場見学を受付ています。
ご希望の方は、「希望日・見学を希望する理由」を記載の上、エントリーフォームよりご連絡ください。
・実施日:個別対応
・場所 :本社
・内容 :社内見学、質疑応答など
※コロナウィルスの感染拡大の状況により、ZOOM等でのオンラインによる対応のみになる可能性がございます。
Webサイト
https://spicato.com/
メッセージ
創業から13年、法人化して5年の地方にあるデザイン事務所です。
たった1人から立ち上げ始めた事業でしたが、ひとりひとりと増え、まるでRPGの仲間探しのように集まったスタッフたち。お客様と向き合ったていねいな仕事を武器に、コツコツと信頼を築き、スタッフも会社も、年輪を刻むように少しずつ少しずつ成長してきました。
最近では制作実績が認められ、代理店さんや制作会社さんからの大企業のプロモーション案件が増える一方で、直接取引きで企画立案、ブランディングから携われる案件も増えてきています。
求められるクオリティもどんどん増しています。あなた次第で可能性はどんどん広がっていく、そんな会社です。
一緒に成長していきたい!新しい分野に挑戦したい!という気持ちをお持ちの方のご応募をお待ちしています。