求人情報

株式会社BIRDS CERAMICS

陶磁器ブランド「BIRDS’ WORDS」を支える卸業務と、ブランドの世界を広げるWebデザインの仕事

  • 2018/02/28 公開
  • 2018/04/01 更新

※ハローライフでの募集は終了してますが、
採用状況は各社に問合せください


【会社見学会のご案内】
3月23日(金)24日(土)11:00から、
より詳しくバーズワーズさんのことを知ることができる会社見学会が開催されます。
ご興味ある方は、ぜひご参加下さい。詳細はこちら
——————————————————————————————————

大阪に、独自の世界観で全国にファンを持つ陶磁器のブランドがあります。自社の工房を構え、企画・製造から販売までを一貫して行う「BIRDS’ WORDS(バーズワーズ)」の直営店に足を運んでみました。

(もともとはケーキ屋さんだった店舗をフルリノベーションしたお店。外観は当時のままで外壁だけ塗り直しています)



地下鉄・谷町九丁目駅で降り北へ向かうと、あたりは寺院が建ち並ぶ広い通りになっています。しばらくすると左手におだやかな雰囲気が漂う一軒のお店に到着しました。店内には、オリジナル陶磁器のオブジェや小物アクセサリー、そして愛らしいイラストの紙製品、独自の視点で集められた民藝品や雑貨が並んでいます。

(東側に面し、清々しい日光が差し込む店内)



店の奥には事務所と出荷作業をする倉庫・作業スペースがあり、陶磁器製品を制作する工房はお店から徒歩10分ほどのところにあります。スタッフ同士は頻繁には顔を合わせませんが、月に1回の定例会や、定期的に行われる親睦会などで親交を深めているそうです。

「BIRDS’ WORDS」は直訳すると「鳥の言葉」。代表の富岡さんが陶芸作家の伊藤さんとブランドを立ち上げるときに、「鳥のさえずりは、鳥同士だと会話のようだけど、人にはなにか不思議と心地よい響きとして伝わってくる。自分たちが作り出すものも人の心に静かに響いてくるものにしたい」とBIRD’WORDSと名付けたそうです。

二人で始まった小さなブランドは、9年が経った今では10名の組織に成長しました。今後も自分たちの進む領域を広げてゆくバーズワーズでは、事業の柱である卸販売の業務担当と、ブランドの世界観を伝えるWebデザインの職種でスタッフを募集します。加えて、直営店のショップスタッフと、併設するカフェのスタッフも同時に募集します。

 

誰も真似できない世界観を持った作品の価値を、伝え続ける

(代表でブランドを統括する富岡正直さん。陶芸作家・伊藤利江さんの公私にわたるパートナーです)



10年以上前に、大阪のギャラリーで偶然伊藤さんの陶芸作品を目にした富岡さん。今も忘れない「心を動かされた」そのときの印象をこう振り返ります。

(『WALL BIRD』という鳥のオーナメント。家族と同じ数を家に飾り、子どもが増えるとまた店を訪れるお客様もいるのだとか)





富岡さん ニコ
彼女の作品は一見すると、どんな人物が作っているのかわかりません。女性か男性か、日本人か外国人か、年齢は若いのかどうかも推測できない。でも、ただそこに存在する圧倒的な力強さは今も記憶に残っています。永遠に続くような価値が、その作品の中に封じ込まれたような印象を受けました。誰も真似ができない世界観と表現力を支える技術力が備わっているすごい人が、こんな身近にいたんだなとうれしくなりました」


(自社工房にて / 伊藤利江さん)



それから数年後の2009年、富岡さんは伊藤さんと結婚すると同時に独立。陶磁器ブランド「バーズワーズ」を立ち上げました。

伊藤さんの作品と出会ってから10年以上経った今は、どのような印象を持っているのでしょうか。



富岡さん ニコ
「作り出すものに広がりは出ましたが、作品の印象は初めて見たときと変わっていません。それをブレずに作り続けられることが、彼女の魅力でしょうね。力強さとたおやかな美しさを兼ね備えた作品は努力ではたどり着けない尊いもののように感じます。彼女が作り続けていく限りは、僕もこの会社をしっかり支えていこうと思っています」


現在、卸業務に携わっているスタッフの内田かおりさんも、富岡さんと伊藤さんが生み出すバーズワーズの魅力に惹かれているひとりです。




内田さん ニコ
「バーズワーズの商品の多くは、どこか素朴でほっとする安心感があり、利江さんのやわらかい雰囲気がそのまま作品に出ている感じがします。実際に接してみると、気取らず気さくに話して下さる方だったので、作品のことがより一層好きになりました。スタッフも、いつも和気あいあいとしながら、自分の担当を責任持って取り組む人たちが集まっています」


(集中して作業をしていると、1日があっという間に過ぎてしまうそうです)



 

求める人物像は、全員で一つのブランドを作り上げる意識を持てる人。自主性と協調性を大事にしながら女性もやりがいを持って活躍できる


北は北海道、南は九州の鹿児島まで、全国に200ほどあるライフスタイルショップや雑貨店などと取引をする卸業務。仕事の内容は、取引先からの注文を受け商品の在庫を確認して出荷する作業や、在庫管理など。未経験でもわかりやすく教えてもらえるので、じっくり丁寧に仕事をおぼえていくことができます。商品は陶磁器が主なため、梱包資材も商品によって使い分けるなど、破損なく送り届けるための取り扱い方、梱包方法を学んでいきます。


卸業務担当として入社すれば、年に数回出展する業者向けの展示会で接客をすることもあります。展示会は、普段は電話やメールでのやりとりしかない取引先の方々と、直接顔を合わせる貴重な機会。展示会も含め、卸業務のやりがいについて、内田さんに聞いてみました。

(展示会での様子)





内田さん ニコ
「参加した展示会でお会いした取引先の方々が、バーズワーズの商品を愛着を持って販売していることを話してくださったときに、そのような商品を提供することに自分が関われていることを誇らしく思えました。前職では、美大のときに専攻していたグラフィックデザインの仕事をしていました。好きなことを仕事にしていたのですが、制作物の納品先が企業だったので、その先にいるお客様の声が聞けないことに物足りなさを感じていたんです。その点、バーズワーズでは、自社の商品に愛着を持って取り扱ってくださる卸先の方の反応が届いたり、InstagramなどのSNSを通じて直接お客様の感想などを聞けるので、強いやりがいを感じることができます




また、今回はWebデザイン担当も募集。これまで、Webサイト制作や運用の一部は外部の制作会社に依頼してきており、Webデザインの職種で募集をかけるのは、はじめてのこと。



富岡さん ニコ
「バーズワーズというブランドに興味を持ち、その魅力を人に伝えられるWeb制作の技術や能力を持った人に来てもらえるとうれしいです。弊社はもともと、作品の制作から販売まで一貫して自社で行っています。Web制作や運用も自社でやる方が細部まで目が行き届き、レスポンスも早くできます。ブランドの世界観を保つためには、Webサイトの自社管理はこれから必要だと思っています」



既存のWebサイトの更新や改修、新しいサイトやページの制作などの業務を担うため、実務経験がある方は特に歓迎とのことですが、実務経験がなくとも、コーディング技術やPhotoshop・Illustratorでのデザイン経験があるなら、まず扉を叩いてみてはいかがでしょうか?

今回はさらに、直営店のショップアルバイトスタッフと、隣接するカフェで接客をするアルバイトスタッフも募集します。

(カフェ「TABLETOP」内観)



どの職種にも共通する「求める人物像」として、もっとも重要視しているポイントがある、と富岡さんは言います。



富岡さん ニコ
今いるスタッフを大事にしてくれる人かどうかです。誰かが困っているときに手を差し伸べられる人に来てほしいですね。たとえば、自分が直接関わっている業務ではなくても、誰かが重い荷物を持っていたら率先して運べるか、というような基本的な人間性を見ます。今いるスタッフは、互いに周りに気を配りながら協力して個々の業務をこなしています。『みんなでバーズワーズというブランドを作り上げるという意識を持って仕事に取り組んでほしい』と、日々思っています。そんな社内環境になじめる人物かどうかを見極めた上で、技術や経験を考慮しながら判断します」





富岡さん ニコ
「その判断材料として、二次面接では2〜3日間の実務トライアルの機会を設けています。こちらが本人のことをより理解しやすくなるということもありますが、求職者側もスタッフと対話しながら、相性が合うか、働きたい環境かどうかを見極めることができるのではないかと思っています」


会社を統括する富岡さんは、普段どのようにスタッフのみなさんと関わっているのでしょうか。



富岡さん ニコ
「もともとすべて僕一人でやっていた実務業務を、役割ごとに担当者を振り分けています。最初に基本的なことは教えますが、慣れてくれば本人に任せることが多いです。毎日、各担当スタッフと短いミーティングをして、その日に進める業務の確認と、僕の判断が必要なことを話し合います。あとは、必要なければ一日話さずそれぞれの仕事をする日もあったりします。自主的に考えて仕事を進めた方が、本人も成長しますし、責任感も生まれて、仕事の精度が上がる気がします」



内田さん ニコ
自分で考えて仕事ができるのは楽しいですね。人任せにはできないという自覚が芽生え、責任感を持って取り組まなきゃいけないけれど、そのぶん熱心に仕事に携われます」


富岡さんはスタッフと年に2回ほど、定期的な面談も実施。自己評価シートに書き込んでもらった内容をもとに、個々の一年の振り返りやこれからの一年の目標を聞いています。

現在、バーズワーズには育児休暇から戻ってきたスタッフが2人。結婚、出産など、いくつかのライフステージがある女性が大半を占める職場だということもあり、「人生設計など、プライベートなことも含めて話せる場」としても面談の機会を活用しています。


人の心に寄り添いながら、ブランドを育ててゆく




富岡さん ニコ
「こちらで無理にアイディアを出さなくても、丁寧にお客様の声や自分たちが本当に好きなものに心を寄り添えてさえいれば、自ずとやるべきことは決まってきます。大事なのは、そのタイミングを見極める感覚と責任ある判断力を日々の仕事から養うことです」


いくら丁寧に要望に答えるといっても、会社なのでちゃんと利益を出さなければ続きません。ビジネスとして、どのようにブランドを成り立たせているのか教えてください。



富岡さん ニコ
「ものを生み出すときに大事にしていることは、『好きじゃないものは作らない』ということ。利益が出るとわかっていても、好きじゃないものを作り続けることは会社として不健康だと思います。ただ好きなものだけ作るわけでもなく、好きなものの中から世間の人が求めているものを見極め、自分たちの主観だけで商品にしないよう努力します」


(花のブローチ)





富岡さん ニコ
「そのくり返しの中で、伊藤本人が好きでも売れないものも出てきたり、思わぬ商品が売れたりする。それを本人に理解してもらいながら、お客様が伊藤に求めているものを本人の一番好きな方向で商品にしていく。そうしながら認知してもらい、お客様によりバーズワーズの世界に浸ってもらいたいと思っています。そして時間をかけて、作家性の強い高単価な商品も手に取ってもらえたらいいなと考えています」


(陶器以外のイラストなども商品にしてほしいという要望から生まれた、ポスター&シルクスクリーン)




 

心地よさの連鎖を生み出す、バーズワーズという世界


来年2019年でバーズワーズは設立10周年を迎えます。富岡さんは、今後のビジョンをどのように思い描いているのでしょうか?



富岡さん ニコ
「陶磁器ブランドとして、30年は続けたいと考えています。まず最初の10年はベースをしっかり作ること。認知度を上げ、親しみやすい身近な存在になることで会社として安定させることができると思っています、次の10年で自分たちの可能性を試したり、お客様にもっと満足してもらう環境を作りたいです。
その後の10年は、時間をかけてじっくり取り組むことや、周りが思いつかないような驚きと遊び心を持ってブランドを発展させていきたいです」


「バーズワーズの商品を買えるお店が近くにない」と言われればWebショップを作り、「全部の商品を見られる所がない」という要望から直営店を作る。直営店の周りにランチやお茶をする所がないなと感じ、ついには隣にカフェまでオープンする。何事もねらってやるのではなく、周りの声に反応しながら要望に丁寧に耳を傾け実現してしまうのが、バーズワーズらしいところかもしれません。

バーズワーズで「営業」の機会といえば、年数回の展示会くらい。「お互いに対等な関係で仕事をしたいので、直接売り込みなどはしません」と富岡さん。その分、商品の品質向上やお客様への対応に時間をかけたいそうです。

鳥や花が環境に合わせながら美しく存在するように、陶磁器の世界で、独自の表現方法を探求しながら魅力を発信し続けるバーズワーズ。そこに人が集まるのはきっと、その世界に働くやさしい引力に導かれているからでしょう。

自らもその引力を生み出す力となりつつ、その心地よさを誰かのために伝えてゆく――そんな心の連鎖を広げていくことが、バーズワーズで働く意義なのかもしれません。
——————————————————————————————————
【会社見学会のご案内】
3月23日(金)24日(土)11:00から、
より詳しくバーズワーズさんのことを知ることができる会社見学会が開催されます。
ご興味ある方は、ぜひご参加下さい。お見逃しなく!詳細はこちら

この会社の求人情報を、
だれかに教えてあげてね

募集要項

企業名・団体名
株式会社BIRDS CERAMICS
募集期間
2018/03/30 〆切
募集職種
①卸業務担当スタッフ
取引先からの受注対応、書類作成、商品出荷、在庫管理。新規取引先への対応。
業者向け展示会の準備、接客。
卸業務の経験がなくても、作業効率を考えたり、優先順位をつけて仕事に取り組めるに向いている職種です。商品の梱包や管理など、丁寧さも求められますが体力のいる仕事も多いので男性の方も大歓迎です。

②Webデザイン・Webエンジニアスタッフ
自社運営するサイトとおよびECサイトの更新・管理業務。
特集などの新規コンテンツの企画制作。運営、サービス向上につながるWebデザインの立案と制作。
自身の知識や経験を活かすことはもちろん、愛着を持って、一つのブランドを育ててみたいという方を歓迎します。

③ショップスタッフ
直営店での接客。自社商品の包装などの軽作業。
手工芸品や人の手から丁寧に生み出されたものに興味や愛着が持てる方を歓迎します。
世代を問わず、どんなお客様にも明るく丁寧にお話ができる方や細かい作業をコツコツと丁寧に仕上げることができる方に向いている職種です。

④カフェスタッフ
食べることや調理することに興味があり、テキパキと作業を進められる方に向いている職種です。
食を通じて、新しい発見や世界が広がるようなワクワクした気持ちを持ちながら働ける方を歓迎します。
学生さんも歓迎します。
雇用形態
①契約社員(試用期間6ヶ月間)
②契約社員(試用期間6ヶ月間)・アルバイト
①②(勤務後の本人の能力や実績を踏まえ、1年〜2年以内の契約更新時に正社員への登用を検討いたします)

③④アルバイト(試用期間あり)
③(事業の成長と本人の意向や能力を踏まえ、一定期間勤務後に契約社員への登用も検討します)
応募資格
①未経験可。実務経験2年以上歓迎。
②実務経験3年以上歓迎。
③④未経験可。実務経験1年以上、土日祝に勤務できる方歓迎。
(接客・販売の経験がある方は優遇いたします)
勤務地
大阪市中央区谷町
勤務時間
①9:00~18:00(実働8時間、休憩1時間)

②契約社員9:00~18:00(実働8時間、休憩1時間)
アルバイト9:00~18:00の間で実働5〜8時間、休憩40分〜1時間)

③9:30~19:30の間で実働5〜8時間、休憩40分〜1時間)

④10:00~19:00の間で実働4〜6時間、休憩 実働時間によって応相談)
給与
①卸業務担当スタッフ
契約社員登用後:月収18~20万円+能力給
(試用期間6ヶ月:アルバイト雇用・月収18~20万円)

②Webデザイン・Webエンジニアスタッフ
契約社員:月収18~20万円+能力給
(試用期間6ヶ月:アルバイト雇用・月収18~20万円)
アルバイト:時給制(前職などの経験や能力により決定します)

③④ショップスタッフ・カフェスタッフ
時給950円(試用期間あり)
(能力を考慮し、昇給あり)
休日・休暇
①②週休2日制、年末年始休、有給休暇、産前産後休暇、育児休暇
③④週休2〜5日(毎月のシフトによって調整)
待遇
①②
社員割引制度(試用期間終了後)
交通費支給(上限15,000円/月、試用期間は750円/日)
給与改定(年1回)
社会保険完備(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)
健康診断(人間ドック年1回/雇用1年後から)
懇親会(食事会・レクレーション会、年数回)
社員旅行(年1回、全国の窯元や観光地など)


社員割引制度(入社6ヶ月後)
交通費支給(上限15,000円/月、試用期間は750円/日)
給与改定(能力を考慮し、昇給)
社会保険完備(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)
懇親会(食事会・レクレーション会、年数回)
社員旅行(年1回、全国の窯元や観光地など)


制服支給
交通費支給(上限15,000円/月、試用期間は750円/日)
給与改定(能力を考慮し、昇給)
懇親会(食事会・レクレーション会、年数回)
採用予定人数
①②各1名
③④若干名
選考プロセス
1)本サイトからエントリー後、
履歴書(手書き)・契約社員を希望の場合は、職務経歴書(テキスト可)や経歴の参考となる資料を弊社までご郵送ください。
【書類送付先】〒542-0012 大阪市中央区谷町8-2-14 光昌会館1階 採用担当者宛
※お送りいただいた資料は返却いたしませんので、ご了承ください。

2 )履歴書の到着後、10日以内に皆様に面接実施の可否についてメールにてご連絡いたします。
※履歴書に必ず連絡のつくメールアドレスを記載して下さい。

3 )書類選考通過者には面談日時を相談の上、1次面接を実施します。

4 )一次面談を通過した方には、2次面接の実務トライアルを実施します。詳細については、対象者にお伝えいたします。

5 )実務トライアルの結果は、2次面接を実施したすべての方にお知らせし、採用が決定します。採用者にはその後、勤務開始日などを相談。
WEBサイト
https://birds-words.com/
メッセージ
バーズワーズというブランドは、自分たちの目の届く範囲の中で、責任を持って作り出したものを提供したいという思いがあります。
その思いをスタッフ同士が共有し、お互いを尊重し合いながらそれぞれの役割に担っています。
一度、谷町にある直営店や隣のカフェに足を運んでみて下さい。