求人情報

株式会社ドゥオモ

心から「好き」と思えるものを売ろう。日本の刺繍ブランドを届ける販売スタッフの仕事。

  • 2018/10/11 公開
  • 2018/11/11 更新

※ハローライフでの募集は終了してますが、
採用状況は各社に問合せください



今、女性を中心に人気上昇中の京都の刺繍ブランド「京東都(きょうとうと)」を知っていますか?

ブランドの名前は、日本の伝統「京都」と日本の今「東京」を掛け合わせたもの。新しい文化・伝統継承のかたち・刺繍の可能性を考えながら、「京都発、東京経由~世界行き。」を掲げ、新商品を次々に誕生させています。

一目商品を見れば、独特の新しいスタイルに夢中になるファンが続出しているのもうなずけます。代表作の「和片(わっぺん)」は、アイロンで気軽に服に貼れる小さな商品ですが、文字通り、さまざまな和の一片を表現していて面白い…!

室町~江戸時代に京都で生き生きと暮らす人々を描いた屏風画がモチーフの「洛中洛外図シリーズ」を筆頭に、「御伽草子 ニッポンの昔話シリーズ」、「猫飼好五十三疋シリーズ」、「寿司シリーズ」、「金魚シリーズ」などなど、「日本」をテーマにバラエティ豊か。
カワイイだけにとどまらず、とにかく味がある…。種類も豊富で今は約600、将来は1000を目指しているとか。ほかにも、雑貨や小物を中心に多彩なアイテムを扱っています。
その世界観がよくわかるInstagramもぜひ、のぞいてみてください。
https://www.instagram.com/kyototo_ginza/

そんな京東都は、京都・亀岡にある刺繍工房がデザイン会社と組んで2007年に生まれてから卸販売で徐々に注目を集め、2013年に京都本店、2016年に銀座店をオープン。そして今回、京都の中心地、四条河原町にある、河原町オーパ1Fに京東都の商品とセレクト商品を取り扱う新業態のお店をオープンすることになりました。

(本店は清水寺のすぐ近く。東山の五重塔が見える石畳の道沿いにあります)


接客・販売スタッフを本店で1名、河原町の新店で2名募集します。アルバイトからのスタートですが、働き次第で正社員への道が開いています。


京東都の商品が好きなら、歴史や英語が苦手でも大丈夫。


京都出身の水梨 香苗(みずなし かなえ)さんは、2016年にハローライフに掲載した求人記事を見て入社。銀座店で接客・販売スタッフとして2年働いたあと、現在は京都の本社で広報を担当しています。今回オープンする河原町店の店長になる方。

(接客中の水梨さん。おっとりした雰囲気ですが、前向きなパワーに溢れた人です)


水梨さんアイコン
「わたしも含め、ここで働く人は京東都の商品が大好きなんです。商品の数はすごく多いのですが、好きだから『この商品は日本の歴史のどこに登場するものなんだろう?』となんにでも興味をもてるんですよね」

(雨をモチーフにした青時雨シリーズが好きな水梨さんは、この「てるてる家族」が大好き。「へのへのもへじ」は江戸時代に始まった落書きの定番だったって知ってましたか?)


前職で和雑貨店で働いていたころから、和の文化やものづくりに触れることが多かったものの、「日本の歴史や書物についてはあまり知識はなかった」そう。入社して1年ほどで、商品に関するお客様からの質問にスラスラと答えられるようになりましたが、それまでは、先輩に質問したり自分で調べたりして学んでいきました。

(和片の裏には、商品のモチーフに関する知識やストーリーが書かれています。スタッフさんは主にそこから商品知識を得るそう)



水梨さんアイコン
「商品についてちゃんと説明できるようになれるかな…と気負いしなくて大丈夫ですよ!わたしたちは博物館員ではないですし、まずはお客様に笑顔で声をかけることができれば大丈夫。たまにめちゃくちゃ詳しいお客様がいらして、逆に勉強させてもらうこともあります(笑)なにかあったら、接客中でも先輩たちを頼ってもらえれば…!

接客・販売スタッフの仕事は、掃除・在庫管理・品出し・検品・ディスプレイ・レジ・SNSの運用・接客など、お店の運営にまつわるすべてのこと。京都のお店で和雑貨を扱うとなると、外国人のお客様も多いイメージがありますが、英語ができないとスタッフは務まらないのでしょうか?


水梨さんアイコン
英語が得意でなくても、そこは選考基準にはなりませんので安心してください。外国人のお客様の割合は、清水寺のふもとにある本店でも3割ほど。Thank youとかPleaseとか単語を知っていれば、あとはジェスチャーでも伝えようとする気持ちさえあれば大丈夫です」


なによりも京東都の商品が好きかどうかがまず大事。知識や語学力に自信がなくてもチャレンジできる職場です。


アルバイトで入社後、1年で正社員に。「なんでもやらせてもらえる環境」でお客様にストーリーを伝える仕事。


今回の募集は、まずは時給900円のアルバイト勤務。河原町店が9:30~21:30、本店は10:30~18:30が基本で、両店とも土日祝を含む週5日勤務のシフト制です。

(京東都・本店の店内。古民家の趣が京都らしい)


「ハローライフの求人記事に、アルバイトで入社して1年後に正社員になった方が登場していたので、キャリアアップをちゃんと図れる会社なんだと感じました」と言う水梨さんもまた、アルバイトで入社し1年で正社員になったひとり。スタッフの働きぶりはしっかりと評価され、社員登用にも積極的な会社です。


水梨さんアイコン
「入社後に感じたギャップは、想像以上に『仕事を任せてもらえる』こと。ここまで自分たちのアイデアや判断が通っていって大丈夫なのかなと心配になるくらい(笑)社長や副社長、デザイナーさんとまで直で話ができたりもするんです。大きな会社だとなかなかそうはいきませんよね」


銀座店を盛り上げるためSNSをやろう!と決めたのはスタッフたち。和片をイヤリングにするワークショップもみんなで考えみんなで実現。イベントの中での催しや、催事の中身など、「こんなことしたい」という声がちゃんと会社に届き受け入れてもらえることは、「自分たちが京東都をつくっていっている」という実感につながるのではないかと感じます。

(アクセサリーづくりワークショップの様子)



水梨さんアイコン
「お店に商品ストックにもなるベンチがあったらいいよねとか、この商品のディスプレイには金魚鉢がほしいよねとか、スタッフ同士はとてもナチュラルに話しています。自分で『こんなふうにしたい、あんなふうにしたい』とアイデアを形にしたい人はとても楽しく働けると思います

水梨さんは、入社する以前から京東都の商品のファンだったそう。お店に行くと、商品にはもちろんのこと、スタッフの接客にも感動していたと言います。


水梨さんアイコン
「一人ひとりのお客様にすごく丁寧に商品の説明をしていて、しかもその内容が購入を促すというよりは物語を伝えているという印象でした。まるで本の一ページを開いて物語の世界に入っていくような感覚と言いますか…」


京東都の接客・販売スタッフは、買ってほしい!といったセールスの感覚が一番でお店にいるわけではない…。商品のおもしろさ・奥深さ・魅力を、「好き」という気持ちとともにお客様に伝え続けることが、結果としてファンが増えていくことや愛されるお店につながっていっている…。
自分が心から好きになれるもの・心から人におすすめできるものでないと、「人に売る」という行為はただただつらくなっていくものではないでしょうか。

京東都のスタッフの表情や言葉からは、自分たちのお店や商品への愛情が伝わってきました。だからこそ、「何度も足を運んでくださるお客様とは、ほんとうに友達のような間柄になれる方もいるんです」と水梨さんが言うことにも納得です。

自分の「好き」を大事にして働きたい。そんなふうに考える、そして京東都の商品が好きな人にはぴったりの職場かもしれません。


ひとつの刺繍工房が始めた、時代を先行く京東都ブランド。


「和ではなく、和を1歩進化させた新しいモノづくり。ありそうでないものでしょ?」と、京東都の商品を評するのは、会長の岩井 武治(いわい たけはる)さん。
京東都の母体である株式会社ドゥオモは、手芸のレース業界で修業をした岩井さんが1984年に京都・亀岡の自宅の一角でスタートした刺繍工房です。紳士服、婦人服の刺繍加工で高い技術を誇っていましたが、縫製産業は徐々に中国やベトナムなどの海外へ移り、日本では産業自体が衰退していきました。

(商品が生まれる現場・本社工場。ミシンがズラっと並ぶ風景は圧巻でした)


仕事の減少に加えて、技術者の高齢化により、「今なにかをしないと工房や技術がホンマになくなる」と危惧した岩井さんは、新たな市場開拓に乗り出します。

状況を打破するきっかけとなったのは、東京でセレクトショップを営んでいた娘の岩井 左木子(いわい さきこ)さん。デザイン会社とのつながりが強かった左木子さんとともに協力してくれる会社を探し刺繍ブランドを立ち上げ、それが現在の京東都となっています。

(時代を読み解く先見性・柔軟性は、会長である父親譲りなのかも)


コンセプトは「京都発、東京経由~世界行き。」日本の高い技術を守るため、原価が高くてもメイドインジャパンの良質素材で作りつつ、従来のスタイルを超えて、和を進化させた新しい商品にこだわりました。

(工場内には様々な種類の糸が並ぶ。その種類は「数えきれないほど」だそう。)


324円の和片ひとつにも「日本の優れた技術を残していきたい」という岩井会長の熱い想いと技術者としてのプライドが込められています。5年10年先の海外進出を見据えて、アジアや欧米などにも売り込みも徐々に始めているそう。これからのブランドの成長も楽しみです。

可愛くて奥が深いだけでなく、誇りを持って販売できる魅力的なブランド・京東都。このお店に立ち楽しく働く自分をイメージできたなら、ぜひエントリーを。


【記事を読んで、京東都(株式会社ドゥオモ)に興味が湧いた方はぜひイベントへ!】
11月9日にハローライフで開催する「ホンネで話せる夜の合説〜心からのおすすめを届ける仕事編〜」に京東都(株式会社ドゥオモ)が出展します。少しでも気になる方は、ぜひお話を聞きにいらしてくださいね!

この会社の求人情報を、
だれかに教えてあげてね

募集要項

企業名・団体名
株式会社ドゥオモ
募集期間
2018/11/10 〆切
11月20日頃から勤務開始できる方を希望しています。
充足次第締め切りますので、お早めにご応募ください。
募集業種
1)「京東都」 河原町店オープニングスタッフ(接客・販売)
オープニングスタッフとなりますので、京東都 河原町店の顔として、元気いっぱいお仕事をしてください!

お店には、京東都を初めて知ってくださるお客様もたくさんいらっしゃると思いますので、商品の特徴や、良さ、面白さを、めいっぱいお伝えください。お話し好きの方、英語の得意な方、大歓迎です。

また、在庫管理や簡単なパソコン作業もありますので、事務経験のある方も、経験を生かしていただけると思います。

2)「京東都」 本店ショップスタッフ(接客・販売)
雑貨が好きな方、刺繍が好きな方、お話し好きな方、英語が得意な方など。 観光客が多く来られる場所になります。 一緒に京都や日本のものづくりを楽しく伝えていきませんか?

また、在庫管理や簡単なパソコン作業もありますので、事務経験のある方も、経験を生かしていただけると思います。
雇用形態
1)2)アルバイト(試用期間3ヶ月)
※正社員登用あり。勤続1年後に面談を実施し、お願いする業務内容や希望する働き方、適正を考慮相談の上、正社員登用いたします。
応募資格
1)2)18歳以上(学生不可)
未経験の方も歓迎です。経験者優遇
勤務地
1)京東都 河原町店
京都市中京区河原町通四条上ル 河原町オーパ1F

2)京東都 本店
京都市東山区星野町 93-28
勤務時間
1)9:30~21:30 (内8時間 要相談、休憩1〜1.5時間)
2)10:30~18:30 (内7時間 要相談、休憩1時間)
給与
1)2)時給900円 経験・スキル・前給等を考慮し、面談の上決定します。
休日・休暇
1)週5日勤務、土日祝日含むシフト制
※週5日勤務が難しい方はご相談ください。
2)週5日勤務、土日祝日含むシフト制
待遇
1)2)交通費支給(上限1万円/月)、雇用保険あり、社員割引制度あり
採用予定人数
1)京東都 河原町店 2名
2)京東都 本店 1名
選考プロセス
1)本サイトからエントリー後、履歴書を弊社までご郵送ください。

 住所:〒621-0827 京都府亀岡市篠町王子唐櫃越1-191 株式会社ドゥオモ
 電話:0771-24-0157
 担当:岩井,水梨
 ※お送り頂いたものはお返ししておりません。

2 ) 書類審査後、通過者の皆様にのみご連絡

3 ) お電話にて面談日時を相談の上、決定。

4 ) 一次面談を実施

5 ) 面談の結果を全ての方にお知らせし、採用が決定

6 ) 勤務開始
WEBサイト
http://www.kyototo.jp
メッセージ
京東都では学歴・職歴よりも面談での様子を重視しております。
面接時はリクルートスーツではなく、普段着でお越しください。
一緒に働ける日を楽しみしております。