• HOME
  • イベント一覧
  • 【プロボノWednesday】行政マンと語ろう「高齢社会のホントのトコロ」〜気づけば介護はすぐそこに〜

【プロボノWednesday】行政マンと語ろう「高齢社会のホントのトコロ」〜気づけば介護はすぐそこに〜

開催日 2017.07.19
このイベントの申込は終了しました。

probono
<ハローライフからご提案!>

★新しい働き方に興味のある方
★ライフワークの充実を考えている方
★仕事でも、家でもない、社会につながるサードプレイスを求めている方
★社会課題解決に向けて、何か行動したいという思いを持っている方

そんなあなたへハローライフより、
【プロボノ】というライフスタイルをご提案させていただきます!

プロボノとは、社会人ならではの新しい社会貢献の選択肢として
近年広がりを見せている、職業上のスキルを活かしたボランティア活動のこと。

「仕事も楽しみながら」
「プライベートな時間も大切にしながら」
さらに、「自分のできる範囲で社会の課題解決にもポジティブに関わる」
そんな心ある社会人のコミュニティへ、気軽に仲間入りしていただくため、
ハローライフとNPO法人サービスグラントのコラボ企画、
「プロボノWednesday!」を毎月第3水曜日に開催しています。

プロボノWednesday!では、
「プロボノ、はじめまして!」のビギナーから
「プロボノ、お疲れ様です!」の実践者まで、
さまざまなステージにいる社会人が緩やかに集うことを目的としています。


■3F pro bono event(イベント)ーーーーーーーーーーーーーー■

2011年4月からその一歩を踏み出したサービスグラント関西には、
本業をもちながらそこで得た知識や経験や得意を活かして、
日常にプラスα!地域や社会課題の解決にためにという思い、
そして、好奇心とチャレンジ精神を持ち合わせた素敵な大人達が集っています。

今年7年目となる2017年のサービスグラント関西は
みんなのパワーをエンジンにスタートしています。

今回は、【7/19(水)のプロボノWednesdayは「大人の社会科見学 in OSAKA」】を実施!
経済、環境、福祉…私たちの身の周りにある様々な社会問題。
テレビや新聞などで見聞きするさまざまな社会問題の“ホント”のところはどうなのでしょう?

社会問題の最前線で活動にあたるNPOなど各分野のスペシャリストをゲストに、
その深い知識と洞察を得て、みんなで「楽しく」「まじめに」“ホント”のところを見つめる、
目からウロコの企画。


今回のテーマは、
〈行政マンと語ろう「高齢社会のホントのトコロ」〜気づけば介護はすぐそこに〜〉

突然ですが、
皆さんは、2025年問題とはどのような問題かご存知でしょうか?
2025年問題とは、団塊の世代が2025年頃までに
“後期高齢者”となる事で介護・医療費など社会保障費の急増が懸念される問題のことです。

すでに日本は世界保険機構(WHO)や国連の定義上、
世界でも類をみない超高齢社会(高齢化率21%以上)に突入しており、
2025年には団塊の世代が後期高齢者を迎えます。

大阪府でも65歳以上の高齢者は、
2025年には約3人に1人(29.2%)となることが予想され、
加速的に高齢化が進むことが予想されています。

さらに大阪府では、被保険者1人当たりの介護費、要介護認定率が
ともに全国一高い(平成26年度)という課題に直面しており、
この状況をどのように改善していくのか、どのように対応していくのか、
行政にとっても、市民にとっても大きなチャレンジが求められています。


今回の大人の社会科見学 in OSAKAは、
2025年問題への1つの取組みとして「大阪ええまちプロジェクト(※1)」の仕掛け人である
大阪府介護支援課長の菱谷 文彦氏に登場いただき、
私たちの生活の地続きにある高齢社会が
さらに進んでいくことで今後どんなことが起きるのか、
今の介護の状況やそれに対応すべく打ち出されている施策について学んでいきます。

直近では親のこと、そして次に自分のこと、
ゆくゆくは子どもの代へと続いていく介護についてや、
老いも若きも暮らしやすい社会について考えるきっかけを探されている方、
高齢社会の問題に関心がある方は、ぜひご参加下さい。お待ちしています。


【ゲスト紹介】 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


菱谷 文彦(Fumihiko Hishitani) 氏
大阪府介護支援課長 

兵庫県川西市出身。平成12年4月、厚生労働省入省。
以来、感染症法改正、児童福祉法改正(認定こども園の検討)、育児介護休業法改正、社会保障・税一体改革などに携わるほか、内閣府、経済産業省などで働いた。平成28年4月からは、大阪府福祉部高齢介護室介護支援課長として出向。要介護認定率、被保険者一人当たり介護費が全国一高い大阪府において、介護保険制度のあるべき姿を模索しながら、格闘する日々を送っている。趣味としては、登山、マラソン、サイクリング、ドライブなど。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【日 時】 2017年7月19日(水)19:30〜21:00(受付開始19:20)
【場 所】 ハローライフ
【参加費】 無料
 ※1FのCHASHITSUで提供される飲み物、おつまみなどは実費ご負担でお願いします。
【定 員】30名  
 ※当日のご参加も可能ですが、人数把握のため、事前参加登録へのご協力をお願いします。
【お申込み】 下記フォームからお申込みください。
 ⇒3Fイベントのお申込みはこちら
【当日の流れ】
■ 19:30  スタート
    高齢社会の現状と今後
     大阪ええまちプロジェクト」について
■ 20:10 グループワーク
■ 21:00 終了(終了後はご参加者同士で交流タイム)
※21:00〜21:30 大阪ええまちプロジェクト参加ミニ説明会
介護予防・生活支援に取り組む地域団体をプロボノで応援する「大阪ええまちプロジェクト」への参加にご関心のある方を対象に参加の流れなどをご案内するミニ説明会の場を設けます。
サービスグラントにスキル登録を完了されていない方でご関心のある方はぜひご参加ください。

【こんな方にオススメ】
・ライフワークの充実を考えている方
・プロボノや、社会人ならではのボランティア、社会貢献に関心を寄せる方
・仕事でも、家でもない、社会につながるサードプレイスを求めている方
・お仕事以外の場で、社会問題、社会課題解決のために何か役立ちたいと思いを持っている方
・子どもの世代によりよい社会を残してあげたいなと思う方
・NPOや地域コミュニティなど日常の中で接点のない新しい世界を体感してみたい方
・人が好きで好奇心が強い方



※1大阪ええまちプロジェクト
2017年から始まる若手からシニアまでオール大阪で
住民主体の「介護予防」や「生活支援」などの活動を応援するプロジェクトです。
自分のまちを「ええまち」にしようとがんばっている地域団体の運営上の悩みを、
プロボノワーカーによるプロジェクトや先輩団体の個別相談などを通じて
具体的に解決を目指します。

このイベントの申込は終了しました。