求人情報

大成交通有限会社

目標も勤務日数も自分で決める。自分にとって心地良い働き方に、タクシー運転手という選択肢を。

  • 2020/03/18 公開
  • 2020/04/20 更新

※ハローライフでの募集は終了してますが、
採用状況は各社に問合せください


自分にとって心地よい働き方ってどんな形だろう?

今、多くの人は
・毎日決められた時間に出社して、決められた時間に退社する
・毎月決まった給与をもらう・なかなか休みを取りにくい
そんな働き方をしているのではないでしょうか?

ダイバーシティに関する取り組みがたびたび話題になる今の時代に、多くの人にとっての当たり前の働き方を「自分には合わないかも」と思う人がいても、おかしくありませんよね。

自分で働く時間を決め、自分に必要なだけのお金を稼ぎ、さらに人との出会いも楽しめる。そんな働き方ができる代表的な仕事が、タクシードライバーの仕事です。



働きたい日に、働きたい時間だけ。タクシー運転手の仕事は意外にシンプル。


JR三ノ宮駅より徒歩10分。大成交通有限会社は、ドライバーファーストの働き方や最新システムを取り入れることで神戸のタクシー業界に名を馳せる企業です。
現在、ドライバーは約50名。30代後半から70代まで、幅広い年齢層のドライバーが自分らしい働き方で勤務しています。

大成交通のドライバーの仕事は、主に次の4パターン。
1 駅のタクシー乗り場で待機してお客様を乗せる
2 予約客の送迎(病院への定期健診や買い物、会社への送迎)
3 街を走って、見つけたお客様を乗せる
4 配車アプリ利用者の送迎

特に、2019年6月から導入した配車アプリはとても効率よくお客様に出会えるそうで、大成交通は神戸でいち早く取り入れて大きなシェアを獲得しています。
タクシードライバーの仕事についてより詳しく知りたくてお話を伺ったのは、ドライバー歴4年の山本さん。神戸出身の山本さんは、一般企業で60歳まで勤め上げた後、ホテルの宴会営業として働き、大成交通へやってきました。

山本さん アイコン
「車の運転は好きでも嫌いでもなかったので、まさか自分がタクシー運転手になるなんて思ってもいませんでした」

その働き方は、いたってシンプル。
1 事務所に出勤
2 アルコールチェック & 健康状態申告
3 タクシーに乗り込む
4 お客様を送迎する
5 事務所に戻りタクシー・売上金・機器を返却
6 退社

山本さん アイコン
昼勤、夜勤、アルバイトなど様々な働き方がありますが、朝6時から正午くらいまで働いて午後はもう帰宅するという人もいます。会社からシフトをもらうわけではなく、あくまで自分がいつどれくらい働きたいかが勤務日・時間を決める軸になります

タクシードライバーは、人の命を預かる職業ということもあり、国交省の規定で1か月の乗務時間が299時間と定められています。しかも1日13時間までが基本で、一般企業のように納期前は徹夜になったり、上司の指示で急な残業になったりするなど個人の意思に反する勤務はありません。
入社するとまずは、タクシー運転手になるための第二種運転免許を取得します。 取得期間は7日ほど。それから大成交通での研修を10日間受け、そこで社長や先輩が助手席に乗った状態で実車してお客様の見つけ方や乗せ方、機器の操作方法、接客マナーなどを学んで一人立ちとなります。

また、全員が参加する年二回の安全講習会は、全国的な事故ではなく、身近な場所で起こった事故が取り上げられ、映像を見ながら『どうすればよかったのか』を自分たちで考える機会となっています。

山本さん アイコン
「道に詳しくないっていう人もいるでしょうが、研修で地理をやりますし、今はナビがあるので誰でも目的地に行けます。配車アプリの操作は、70代の私でも操作できるくらい簡単。車の運転さえ嫌いでなければ、特殊な技術はいらないと思います



「大好きな旅行」「刺激的かつゆるやかな人付き合い」。心地よい人生は、この働き方だから実現できる。


山本さんは、大成交通でトップクラスの売上を誇るドライバー。「まだまだ4年なんで、やっと慣れてきたくらい」と謙遜しますが、そのトーク力は社内でレジェンドと称されるほど。お客様に「このドライバーなら、もうちょっと遠くまで乗ってもいいかな」と思わせる人なんだとか。

山本さん アイコン
「過去には、新神戸駅へ向かうはずのお客様を名古屋まで乗せたことがあります(笑)目的地は新神戸駅だったんですが、話をしているうちに新幹線で名古屋へ行くよりこのままタクシーで行ってもいいっていうことになって。約8万円かかったのであれはちょっと特殊な事例ですが、新幹線や特急列車を乗り継ぐよりもタクシーで行ってみようかなと思ってくださるお客様も中高年には意外といらっしゃいます」

「これから京都の川床へ」というご夫人を京都まで送ったこともあったり、山本さんの車に乗りたいと指名をしてくれるお客様もいたりと、出てくるエピソードは尽きません。

山本さん アイコン
「大成交通では、乗車距離を延ばすように営業しろとか、お客様と話せと会社から指示されることはまったくありません。お客様が話しかけてきたら、初めて会話を広げていくという感じですね。それに、やっぱり一番大事なことは安全に目的地までお届けすることですから」

タクシーの乗車時間は、ほとんどが5分から15分程度。車内という密室での接客は緊張しそうだと思いきや、意外にあっさりしたものだといいます。

山本さん アイコン
「会社勤めのときは、取引先だけでなく自分の同僚や他部署の社員など多くの人が複雑に絡んで、しかもそれぞれに利害が発生するとてもややこしい人間関係の中にいました。そんな人付き合いを煩わしく感じて転職したんですよね

なるほど、多方面に気遣いが必要で、しかもそれがずっと続くという人間関係に比べると、タクシーの乗客とのコミュニケーションはフラットで気軽なものなんですね。

山本さん アイコン
この仕事でのたくさんの出会いはゆるやかで、ほとんどが一回きりです。かつ、それこそ普通に暮らしていたら出会うことがなかったような一流企業の会長さんや芸能人、お医者さん、水商売の若者…本当にいろんな方がいる。常連さんからどんどん情報が入ってきて、神戸の街に詳しくなれるのも日々の暮らしの刺激になります

そんな山本さんの趣味は海外旅行。定期的に10日ほど休んでペルー、インド、トルコなど世界各地を旅しています。

山本さん アイコン
「ケニアでは気球に乗り、ツアー客全員で青空の下で朝食を摂って、素晴らしい経験ができました。旅先で知り合った日本人と仲良くなり、また別の国へ一緒に行ったり、息子とカナダへ行ったり…自由度の高い大成交通でなければ、こんな風に好きなことはできなかったでしょうね」

旅行の話になると、一番の笑顔を見せてくれる山本さん。自分にとって心地良い働き方を実現している、そう感じさせてくれました。


変わりつつある神戸のタクシー業界。私たちは、新しいことにどんどん挑戦したい。


続いてお話を伺ったのは、社長の西井 猛(にしい たけし)さん。タクシー運転手を経て、社長として会社運営に真摯に取り組み、8年前から大成交通の経営改革に乗り出している若き代表です。

西井さん アイコン
「タクシー会社は二極化していて、毎朝朝礼があって服務規定も厳しい『サービス業』を意識している会社と、規律の自由な会社に分かれています。かつての大成交通は完全に自由だったので、今は会社としてある程度の統率は取りながらもより良い会社を目指して改革を続けています。ここ数年では、運転手の安全に対する意識改革をはじめ、働きやすさの追求を積極的に行ってきました

西井社長は、自らドライバーとしてハンドルを握ることも。現場感覚を持った経営者として、神戸のタクシー業界に風穴を開けるべく強い意志で突き進むエネルギーに溢れた方です。

そんな西井社長が改革してきた大成交通だからこそ、集まるドライバーも個性的なのでしょうか。

西井さん アイコン
「タクシー運転手というと、『おじさんの仕事』と感じる人も多いのでは。実際、おじさんが多く働いている業界です。経営者としては、年齢問わず働く場所を提供することができる、という観点で社会的な意義を持つ仕事だと思っています。弊社には、年齢が幅広いだけでなく、飲食店スタッフや美容師などの異色の経歴を持つ人も。子育て中の女性もいて、個々の生活を大切にする時代にもっともっと注目してもらいたい仕事だと感じています



会社に使われるような働き方ではなく、意志を持って自分のために働いてほしい。


お話を聞いていると、会社が決めた方向性に全員の足並みを揃えるのではなく、あくまで個を意識した働き方を提案しているとわかります。

西井さん アイコン
「働きやすさは人によって違いますから、運転手にはまず各自がどうありたいかを考えてもらっています。稼ぎたい人には稼げるように、私生活を優先したい人にはそのように、何事も本人の希望が一番です

一般的に世の中で言われている働きやすさというと、労働時間を短くするというイメージがありますが、確かに一人一人が求めるものには違いがあります。

西井さん アイコン
「稼ぎたいっていう人には、会社からバックアップを全面的にします。例えば、他社に先駆けて三列シートの車種を導入したのも、最新の配車アプリを導入したのも、すべてはドライバーファーストのため。現在は、ドライバー不足かつ、アプリで効果的にお客様を見つけられるのですから、その効率は右肩上がりですよ」

お給料は、売上の60%が運転手に入る歩合制。ノルマは一切ないといいます。「最初は稼ぎたいから長時間乗車したいと言っていたドライバーも、効率よく稼げるから実はそれほど長時間働かなくなっている」と、実際に彼らの実績を見てきた西井社長は語ります。

西井さん アイコン
「運転手の中には、月に22日ほど働いて月収約50万円という人もいますので、歩合制だから手取りが少なくて生活できないなんてことにはなりません。むしろ、長時間労働やサービス残業がない分、心身ともに健康でしかも収入を得られると感じるかも。収入も自由も自分次第というのはもちろん責任はありますが、慣れるとやりやすいと思えるのでは」

入社条件は、ATの運転免許を保有して3年以上(21歳以上)ということのみ。基本的な接客マナーや社会常識は必要ですが、それは入社後の研修で教わる機会があり、不安なことは何でも聞ける体制を取っているといいます。

西井さん アイコン
「勤務日数や乗車時間が増えるほど、自分専用のタクシーを使えるなどの優遇は増えますが、基本的には会社から勤務日数を指定するということはありません。もちろん、お客様の見つけ方など仕事のコツは研修でしっかり教えますが、あなたらしい仕事の進め方でやっていってほしいです。

若い人が少ない業界ですが、この働き方は若い人にとても合うと思うんです。社会経験も充分積めるので、人生の価値観ががらっと変わるかも。やってみる価値はあると思います」

一人一人に合った働き方を追求する。これまでの「普通」ではない新しい働き方を、大成交通でやってみませんか?

この会社の求人情報を、
だれかに教えてあげてね

募集要項

企業名・団体名
大成交通有限会社
募集期間
2020/04/17 〆切
募集職種
タクシー乗務員
仕事内容
駅待ち、予約配車、配車アプリDiDi等による旅客送迎
雇用形態
正社員
応募資格
普通運転免許取得後3年以上(AT限定可)
※入社後に2種免許を取得することが可能です。
勤務地
神戸市中央区
本社:神戸市中央区雲井通2-1-14
勤務時間
シフトを自由に決定
シフト例:7:00~18:00/19:00~翌6:00 など
(内、1時間休憩あり、8時間以上勤務する場合は残業扱い)
給与
歩合制(売上の60%を支給)
※固定給の17万3000円が含まれています。

【月給例】
売上60万円の場合:月給36万円=固定給+歩合給18万7000円
売上80万円の場合:月給48万円=固定給+歩合給30万7000円
休日・休暇
週休1~2日を自由に決定
※有給を組み合わせて長期休暇をつくることも可能です。
待遇
交通費支給(上限15,000円/月)、社会保険、雇用保険、2種免許取得費全額会社負担(2年間就労条件)
採用予定人数
10人
選考プロセス
1 )本サイトからエントリー後、お電話にて面談日時を相談の上、決定。

2 )面談を実施
※履歴書をご持参ください。
※ご提出いただいた書類はお返ししておりません。

3 )面談の結果を全ての方にお知らせし、採用が決定。
職場見学
仕事内容や職場の雰囲気を体感いただける、職場見学を受付ています。
ご希望の方は、「希望日・見学を希望する理由」を記載の上、応募フォームよりご連絡ください。

・実施日:個別対応
・場所:本社(神戸市中央区雲井通2-1-14)
・内容:タクシー見学、質疑応答など
WEBサイト
https://www.taisei-taxi.co.jp/
メッセージ
思ったとおりの人生を、弊社で働く皆さんには歩んで頂きたい。本当に自由で、ゆとりある人生を歩んで頂きたい。そのためのちょうどいい秩序が弊社にはあります。一度、その雰囲気を味わいにお越し下さい。