求人情報

株式会社Mr.Bliss

「細身の奴らが嫉妬する」大きいサイズのメンズファッションブランド「QZILLA」を、Webデザインの力で大きく羽ばたかせる仕事。

  • 2020/03/04 公開
  • 2020/04/13 更新

※ハローライフでの募集は終了してますが、
採用状況は各社に問合せください


見てください、この大きなズボン!女性2人が入ってしまうこのズボンのサイズは、なんと8Lサイズ!!

普段行くお店では、なかなかお目にかかれないビッグサイズの洋服を扱っているのは、大阪の本町にある株式会社Mr.Bliss(ミスターブリス)。「細身の奴らが嫉妬する」をキャッチコピーに掲げ、大きいサイズのメンズ服専門オンラインショップ「QZILLA(クジラ)」を運営しています。今回は2名のWebデザイナーを募集されるということで、お話を伺いにオフィスを訪ねました。

QZILLAのWebサイト。モデルの着用サイズは2L以上!)




シルエットを重視したこだわりの商品


「こんにちは」と扉をあけると、そこはオフィスというよりアパレルショップ。色とりどりの柄のシャツ、鮮やかなスプリングコートなどが並んでいます。たしか商品はオンラインのみの販売とお聞きしていましたが…。

Michaelさん アイコン
「ここは試着室です。買う前にサイズを確かめたいというお客様の声に応えて設けているんですよ。デブはサイズ感が難しいですからね!はっはっは!」

と、現れたのはマイコー社長。デニムにサングラス、バンダナとかなりインパクトのある格好です。

※以降、マイコー社長より「デブ」という表現が度々出てきますが、愛を込めたポジティブワードとして使用しています。あしからずご了承ください。

Writerさん アイコン
「大きいサイズのメンズ服専門とお聞きしていたので、かわいい柄のシャツやキレイな色のスプリングコートなどバリエーションがたくさんあって驚きました」


Michaelさん アイコン
「そうでしょ!今までデブのファッションって、かわいいテイストや、機能性を重視したものしかなかったんです。サイズがないからウィンドウショッピングなんてできない。着たいかどうか以前に、着られる服を探すしかないんです

ぽっちゃりさんだって、おしゃれで格好いい服が着たい。そんな声に支持されて、多くのファンに愛用されているQZILLAの商品。海外のファッション誌を参考に、「カッコいい・大人・ダンディ」をテーマにした商品を販売するだけでなく、オリジナル商品の開発も行っています。

Michaelさん アイコン
「海外のデブって、着こなしやシルエットのつくり方がうまい。彼らのスタイリングを参考に、日本人用に似合う形に落とし込んでいっています。オリジナル商品で最もこだわっているのはシルエットです。ダボっとしたものでかくすのではなく、たくましい体をあえて強調することでスラっと見せるのがポイントです」

生地選びにもこだわり、汗のかきやすいぽっちゃりさんのために、通気性・伸縮性を兼ね備えた商品を開発しています。中でも一番人気はこの「感激パンツ」!

Writerさん アイコン
「おぉぉぉ!こんなにのびるんですね!!」


Michaelさん アイコン
「感激するでしょう!? ウェストはゴムだし、めっちゃ伸びるし、通気性もいいので大人気なんです!全体の5分の1はこのパンツの売上です。履いた時のシルエットもキレイだし、色違いで購入される方も多いんですよ」

この感激パンツを発売してから、「やっと出会えた!」とたくさんのお客様から感激の声が寄せられているそう。ネット販売でありながら、購入いただいた商品には手書きでお礼のメッセージを添えるなど、お客様とのコミュニケーションをQZILLAでは大切にしています。


着られる服ではなく、着たい服を届けたい


前職はレディース服のオンラインショップで制作チームのリーダーとして働いていたマイコー社長。リーダーとしてオンラインショップの代表が集まる会合に出席していた際に、起業のヒントを発見します。

Michaelさん アイコン
「その会合に出席しているのは社長や部長クラスの方が多く、みんな有能でいい人ばかりでした。ただ…みんなぽっちゃりしてて…服装が残念な方ばかりなんですよ。『なんでそんな服装なんですか?』って聞いたら、『売ってへんねん』と。『マイコー、どないかしてよ』って言われて。それがことの発端やったんです」

元々40歳で独立しようと考えていたマイコー社長ですが、その時までどのような事業で起業するか決めかねていたそうです。しかし、先ほどの出来事をきっかけに一念発起。まずはぽっちゃりさんの生態について調べ始めます。

Michaelさん アイコン
「どういうファッションをするのか、どこで服を買うのか。どんなに調べても、かっこいい服がないんですよ。だから僕ら30~40代が欲してる『かっこいい・大人・ダンディ』という枠に当てはまるブランドをつくろうと思い立ちました

なんと大阪のビジネスコンテストでも賞を獲ったこともあるマイコー社長。思うように売り上げが伸びなかった時期もあったそうですが、セットアップが爆発的に売れ、そうこうしているうちにテレビの取材が入り…と、どんどんと認知が広がっていったそうです。

(関西テレビ「よ~いドン!」の「となりの人間国宝さん」にも出演。マイコー社長、みごと人間国宝さんに認定!)



Michaelさん アイコン
『今までは着られる服を選んでた。ここに来たら着たい服を選べる』そんな言葉をお客様に言われて、めちゃくちゃうれしかったんです。太ってる特有のシルエットを活かして、かっこよさと甘さを兼ね備えたスタイルがQZILLA。それになりたいけど、なれない細身の奴らが嫉妬するでしょうね」


Michaelさん アイコン
「(…決まった…)」



「QZILLAとの出会いが自分を変えた」好きの思いが開いた新しい扉


ドヤ顔したマイコー社長はそっとしておいて、続いてお話を伺ったのはカスタマー業務を主として今ではWeb制作も担当するマチルダさんです。実はマチルダさん元々、QZILLAの大ファン。お客様から憧れの社員になったというシンデレラ?ストーリーの持ち主です。
前職は中古車販売の仕事に就いていたマチルダさん。仕事を辞めて、これからどうしようかなと考えているときにメールマガジンでアルバイト募集を見て、すぐに応募を決意したそう。

Matildaさん アイコン
「1年ほど前からQZILLAで商品を何度か購入していたんです。色や柄などバリエーションもたくさんあって、デブにおしゃれをするという選択肢を与えてくれました。こんなブランド、今まで出会ったことがなかった。だからもっとQZILLAを広めるお手伝いができたらいいなと思いました

QZILLAが行う独自のおもしろ企画も、マチルダさんがファンとなった理由の1つ。これらはネット販売で顔が見えない分、「どうすればお客様との距離を縮められるか」ということを考えたうえでできたそう。入社後はマチルダさんも企画の一端を担っています。

地元・東京を出て大阪へ。なんと面接したその日に採用が決まり、マイコー社長とその足でアパートを探しに行ったそう。業界も職種もまったくの未経験からスタートしたマチルダさんでしたが、現在は顧客対応、発送・梱包業務、Web運用など様々な仕事を担当しています。

(業務中はカツラやサングラスを外し、真摯にお客様へ対応するマチルダさん)

(マチルダさんの後ろでは、別スタッフがシャツのサイズを丁寧に測っていました)



Matildaさん アイコン
「お客様からはサイズの問い合わせが多いですね。クレームはほとんどなく、やさしいお客様が多いです。同じ3Lでもメーカーによって大きさが異なるので、わかりやすい表示を心掛け、お客様がスムーズに買い物ができるようにしたいと思っています

その他にも、マチルダさんは、商品の撮影、新商品の開発にも参加。顧客だった時の視点や、お客様対応をする中での気づきを元に自らの意見を伝えているそう。

Matildaさん アイコン
「僕は、QZILLAを知ってから、洋服に興味をもちました。それまではサイズがなくて、おしゃれしたくてもできなかったんです。以前の僕みたいにおしゃれをあきらめてた人が、QZILLAに出会って、おしゃれを楽しめるようになったらとてもうれしいですね

撮影のスタイリングも務めるというマチルダさんに、この春一押しのスタイルを披露していただきました。
今はオリジナル商品としてシャツやジャケットを企画中。他地方での展示会も予定しているそうです。「やりたいこともたくさんあって、どんどん夢は広がるばかりです」とサングラスの向こうから、マチルダさんのやさしいほほ笑みを感じました。


日本のぽっちゃりさんたちを、世界に誇るナイスガイに!


今回募集するのは、ECサイト「QZILLA」のWebデザイナー。現在のWebデザインを担当する女性スタッフに教えてもらいながら、サイトのデザイン、ECサイト運営、商品の撮影、SNS更新などを担当します。この仕事の目的は、「QZILLA」ブランドを多くの人に広め、認知すること。

そのためにあなたのデザインで「QZILLA」の商品をカッコよく際立たせてください。他にもおもしろ企画やシーズンごとの撮影など、あなたのアイデアが活かせると思ったプロジェクトには、どんどん参加してください。社員のアイデアが「QZILLA」を作っているのですから。

(サイトのデザインにおいては、PhotoshopやDreamweaverなどのデザインソフトを扱います)



Michaelさん アイコン
「イベント出店や、面白い企画をすることで、ネット上でしか交流がなかったお客様と顔を見てお話できる。ここの試着室もそうですが、実際にお客様と接点をもつことで『ユーザーの生の声』を聞くことができているんです

お客様の声と真摯に向き合う。マイコー社長やマチルダさんから感じたその姿勢は、社員全員に共通することでした。今回募集するWebデザイナーもそんな社風に共感してくれる人に応募してほしいとマイコー社長は言います。

Michaelさん アイコン
「主な仕事はWebデザインやサイト運営ですが、うちが求めるのは普通のWebデザイナーではありません。お客さんが「面白い!」と言ってくれるようなアイデアを具体化できる人です。うちは会社が倒れるようなこと以外は、基本的にNGをだしません。だから失敗を恐れず、面白いことに挑戦ができる人と一緒に働きたいですね!

(冷蔵庫にあるコーラやジンジャエールは飲み放題。ほかにも体重手当や昼寝手当など、おもしろい制度はMr.Blissならでは)


「細身のやつらが嫉妬する」。最高にかっこいいぽっちゃりさんのためのブランドQZILLAを、あなたのデザインの力で一緒に盛り上げていきませんか?マイコー社長やマチルダさんたちとともに、日本のぽっちゃりさんたちを、世界に誇るナイスガイにしましょう!

この会社の求人情報を、
だれかに教えてあげてね

募集要項

企業名・団体名
株式会社Mr.Bliss
募集期間
2020/04/03 〆切
募集職種
ECサイトWEBデザイナー
仕事内容
ECサイト運営・デザイン
その他(顧客対応・出荷業務は皆で行っています)
雇用形態
正社員(試用期間3-6カ月)
応募資格
未経験可・資格不要

【歓迎スキル・経験】※必須ではありません
・Photoshop/Dreamweaverを使ってデザインができる
・ECサイトの運営経験
・服飾デザイナー/生産管理の業務経験

【歓迎する人物像】※必須ではありません
・webデザインに関わらず、商品デザイン、梱包デザイン、撮影・コーディネートがしたい!得意!という方
・服が好きな方
・面白い企画をみんなで考え、カタチにしていくことが好きな方
・将来的にwebディレクターも目指したい方
勤務地
大阪市中央区備後町3-3-1 西島ビル5F
勤務時間
10:00-19:00(内、1時間休憩あり)
就業中睡魔に襲われたら12分間眠れる権利あり。
給与
月額18万円~25万円
※経験・能力等を考慮し決定します。
休日・休暇
完全週休2日制(土・日)祝祭日・年末年始・夏季休暇・慶弔・有給休暇
※年間休日115日
待遇
・通勤手当(上限1.5万円/月)、役職手当
・昇給1回/年
・賞与2回/年(会社の成績に準ずる)
・社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生)
採用予定人数
2名
選考プロセス
※応募・採用に関するお問い合わせは info@qzilla.jp までご連絡ください。

1)本サイトからエントリー後、履歴書・職務経歴書をご送付ください。
【郵送先】
〒541-0051
大阪府大阪市中央区備後町3-3-1 西島ビル5F 株式会社Mr.Bliss 採用担当宛

2)書類選考
※お送りいただいた書類はお返ししておりません。
3)書類審査後、通過者の皆様にのみにご連絡(書類到着から2週間程度)
4)面談日時を相談の上、決定。
5)面談を実施
6)面談の結果を全ての方にお知らせし、採用が決定
7)採用 ※勤務開始日は相談にて決定いたします。
職場見学
仕事内容や職場の雰囲気を体感いただける、職場見学を受け付けています。
ご希望の方は、「希望日・見学を希望する理由」を記載の上、応募フォームよりご連絡ください。

実施日:希望者の方と個別に調整をいたします。
場所:株式会社Mr.Bliss オフィス(大阪市中央区備後町3-3-1 西島ビル5F)
内容:オフィス・試着室の見学、スタッフとの質疑応答
WEBサイト
https://qzilla.jp
メッセージ
固定概念にとらわれないアイデアを重要視するちょっと変わった会社です。
基本、楽しく。大変な時も楽しく時間を共有したいです。

世の中のデブが当店を知ってもらうまでの道のりはとても長いかもしれません。
でも、大企業にできないちょっと変わったことを企画し、認知してもらう事はとてもエキサイティングで楽しく目立つ事ができます。
オンライン・オフライン関係無しで発信していきましょう!