装飾画像

Column

コラム

「住宅つき就職支援 チャン巣プロジェクト」 参加者の声

2022.09.06 利用者インタビュー
サムネイル画像

企業との出会いと就職、同時に住まいをサポートする「住宅つき就職支援 チャン巣プロジェクト」。これまでに参加いただいた方の声をご紹介します。



Voice1

I.Tさん

「新しい暮らしでの出会い」に期待を持つことができました。

コロナの影響で仕事が減り、体調を崩し、気持ちも落ち込む日々を過ごしていました。

環境を変え、良い方向に立て直したいと思った時、チャン巣プロジェクトを発見。自然豊かな土地で暮らせること・自治会活動やコミュニティ支援を通じて、色んな方と交流できそうなことに魅力を感じ、「暮らしや仕事で良い出会いがありそう」と期待を持ってプロジェクトに参加することを決めました。

それからは、就職活動を本格的に開始。HELLOlifeが運営に関わる就業支援拠点「OSAKAしごとフィールド」のセミナーを受講したり、職場見学にも複数社行き、前向きな気持ちで就職活動に取り組むことができました

元々、難民の問題や被災地のニュースに関心があり、「自分も誰かの力になりたい」と考えていた時、障害者の方の介護派遣を行っている会社に興味を持ちました。良い会社だと思っていることをHELLOlife に相談したところ、職場見学につないでくださることになり、そのご縁で働くことになりました

入居が決まってから実施した「DIY プログラム」にも挑戦して良かったです。お部屋ができるにつれて、どんどん気持ちが前向きになり、「ここからスタートするんだ!」と思いました。同じ時期に入居した仲間や、スタッフの方、地域の方、企業の方…沢山の人に出会えたことで背中を押され、自分1人では出来なかった事に1年間で沢山チャレンジできたことが、本当に良かったです。



Voice2

H.Aさん

丁寧な就職サポートと団地の仲間が心強かったです。

プロジェクトに参加する前は、大阪の親戚の家で暮らしながら、医療事務として2年弱アルバイト社員として勤めていました。当時の仕事を継続しても、キャリアアップは難しそうだったので退職し、正社員を目指すために「OSAKAしごとフィールド」を利用しました。その際に、担当のカウンセラーさんからチャン巣プロジェクトの企業交流会を紹介してもらいました。仕事だけでなく、家も付いてくる正社員の求人に魅力を感じ、プロジェクトへの参加を決めました。

実際に参加してみて、スタッフの方が丁寧に伴走してくれたのが心強かったです。職場見学で伺った会社は、現場仕事が中心の土木業でしたが、見学の際は所内での事務仕事の様子を見せて頂くことになりました。

その際、同行してくれたスタッフの方が「実際の現場仕事の様子も見た方が良いですよ!」と、入社後のミスマッチが生まれないように気にかけてくれました。その後、もう一度企業側と調整していただき、改めて現場の見学をさせて頂けることになりました。そのおかげで、仕事内容に納得して選考に進むことができ、今ではその会社で働くことができています

就職後も、このプロジェクトに参加している仲間と一緒に研修を受けました。お互いの近況を共有したり、同じような境遇の仲間と話す機会も多く用意されていたので、つながりもたくさん増えました。また、プロジェクトのスタッフと、会社の上司、そして僕の3者で面談する機会も定期的に設けられ、働く上での目標設定や感じていることなどを上司と直接話すことができていたので、職場と想いが食い違うことなく働くことができています

このプロジェクトは支援が丁寧で、僕としては安心して就職活動に取り組むことができました。もし、自分ひとりで進めてたら、今働いている会社にも出会えなかったと思いますし、スタッフや団地の仲間にも出会えてなかったと思います。このプロジェクトを必要とする多くの方に、このプロジェクトを知って欲しいし、自分に合う職業や仲間を見つけてもらいたいです





10/1(土)「住宅付き就職支援プログラム」1日体験 開催!



住宅見学ツアーや未経験OK・正社員募集企業との交流会、キャリアカウンセラーへのおしごと相談など、様々なプログラムをご用意してお待ちしています。