• HOME
  • 新着情報
  • プロボノWednesday!プレイバック 大人の社会科見学 <レポート>

プロボノWednesday!プレイバック 大人の社会科見学 <レポート>

date:2015.01.23

プロボノ
 

ハローライフとサービスグラントのコラボで毎月開催している「プロボノWednesday」。 プロボノとは、職業上のスキルを活かしたボランティア活動のこと。今回は、「プレイバック 大人の社会科見学」と題し、過去20回にわたり取り上げてきた社会科見学のテーマを振り返りました。

 

クイズ形式で振り返る

社会問題の最前線で活動にあたるNPOなど各分野のスペシャリストをゲストに、その深い知識と洞察を得てみんなで”ホント”のところを見つめる「大人の社会科見学」。これまで取り上げてきた全20回の社会問題をクイズ形式で振り返りました。

プロボノ
 

その中から過去2回の振り返りをご紹介します。

 

Vol11. DVが子どもに与える影響 ホントのトコロ 

NPO法人ウィメンズネットこうべ

DVとは、夫婦や恋人など親密な関係にあるカップル間でふるわれる暴力のこと。内閣府の調査によると、既婚女性の3人に1人がDV被害を経験したことがあると報告されています。DVのある環境下では、直接被害が及ぶ可能性があるだけでなく、学習の遅れや教育機会を十分に得られないといった問題も。 DV被害を最小限に抑えるため、緊急一時保護シェルターという行政の避難施設があります。

みなさんは、DV被害者の一時保護期間は何日間だと思いますか?

プロボノ
 

答えは、10日から2週間。

 

しかし、この短期間で状況を改善するのはとても難しいこと。被害者の傷をケアし、次のステップを歩む支援をするために中期滞在型施設のニーズが高まっています。この会では、「DVに周囲が気づいた時、どんな対応ができるのか?」ということを学びました。

 

Vol.14 熱血仕事人からイクメンへ?!”今どきのイクメンのホントのトコロ” 

NPO法人ファザーリング・ジャパン関西

「イクメン」という言葉が流行語大賞になったのが2010年。以来、男性の育児参加も増え、イクメンという言葉も浸透していきました。一方、「週末だけイクメンぶって・・」とママたちからの不満の声も聞かれます。

そこで、こんなクイズ。

プロボノ
 

正解は3.ママに対する気遣い

この正解に、会場の女性陣は大きなうなずき。

家事や育児を行う以上に、ママに対する「気遣い」をして欲しいというのがホントのトコロ。夫婦で役割を分担しあったり、お互いの思い描く家族のあり方を共有するなど、夫婦のパートナーシップを強くするための秘訣が語られた会でした。

 

「プロボノが、社会とポジティブに関わるきっかけに」

プロボノ
 

全20回を振り返ったあとは、グループ内でのトークタイムへ。

「この場に参加して、社会をポジティブに捉えるようになった」

「遠い世界の問題だと思っていたけど、とても身近な問題だと気づくことができた」

など、参加することで分かったこと、プロボノを実践してみて気づいたことについて感想が交わされていました。

最後は、1FのCHASHITSU for workerでドリンク片手に交流会!同時開催のプロボノ登録説明会参加者と合流し、今回の感想や、日頃の想いを語り合う姿が見られました。

プロボノ
 

毎月第3水曜日に行われているプロボノWednesday。来月は2月18日開催です。 ゆるやかに、けれどアツく語り合える場所。そんなプロボノWednesdayで、来月もみなさまのお越しをお待ちしております。

 

過去のテーマ一覧はこちらから