3時間就活<レポート>

date:2017.03.17



企業のこと、そこで働く人のことをじっくり知り、
就職に近づくことができる企業交流ワークショップ「3時間就活」を開催しました。


参加企業は、
大阪みやげの企画・販売を行う株式会社せのや
内装建材を専門的に扱う太平洋建材株式会社
プチプチなど梱包材の卸売を行う株式会社山本貞雄商店
自動車の“サイドバイザーのメーカーである和研工業株式会社の4社。


それぞれの企業の採用課題をテーマに設け、
参加者と企業担当者が一緒にアイデアを出し合いました!





大阪みやげの企画・販売を行う株式会社せのやのテーマは、
「創業400年。“せのや”が今後の100年に向けて、街のファンをつくり続けるために必要な活動や人材とは?!」

「ファンを生むためには、大阪の街に対する驚きや新たな発見を提供できるかがカギ」という仮説から、様々な企画のアイデアが生まれていました。
例えば、「大阪好きと大阪嫌いによる、ほこ×たて」「古地図ウォーキングイベント」などなど。大阪を好きになってもらうきっかけをつくることで、自然と大阪みやげに携わるせのやの認知度もアップし、いい人材の確保にも繋がるのでは?という議論がされていました!





内装建材を専門的に扱う太平洋建材株式会社のテーマは
「お客さんが毎日通いたくなる、建材会社の姿をブレスト!」

「お客さんが通いたくなるには、会社への親近感を感じてもらうことが重要だ!」ということで、親近感を生むためのアイデアを出し合いました。
例えば、お客さんの家族の誕生日もお祝いしてくれる、来店される時にスタッフがドアを開けてくれる等、スタッフ1人ひとりの小さな積み重ねが重要だという意見があがっていました。





プチプチなど梱包材の卸売を行う株式会社山本貞雄商店のテーマは、
「あなたが30代で働きたくなる山本貞雄商店改革とは?!」

「30歳で働きたくなる会社とは、周りに自慢出来る会社かどうかだ!」という意見をもとに話し合いました。山本貞雄商店が持つ「誠実さ」という会社の魅力をさらに活かすために、なかなか注目されにくい「梱包材」を通じて話題を集めるような仕掛けがつくれないか?という提案から、プチプチを使った子ども向けのオモチャを開発しては?!というような幅広いアイデアが生まれていました。





自動車の“サイドバイザーのメーカーである和研工業株式会社のテーマは、
「辞めたくなくなる企業にするためにできることは?」

長く働き続けるための様々な要素が挙げられたなかで、特に人間関係を良くするためのアイデアが活発に生まれていました。例えば、社員を支える家族との信頼関係をつくっていくための社員の家族向けの職場見学「逆参観日」など、柔軟なアイデアが議論されていました。




最後に、各チームからのプレゼン。
どのチームも若者だからこそ生まれるアイデアを活かしてまとめられていました!

参加者からは、
「イベント参加前に自分が持っていたその会社へのイメージをいい意味で裏切ってくれて、扱っている商材は地味に見えても、それだけでは分からない魅力があるんだと感じた。」
「多くの企業が新しいものの見方やアイデアを求めているというのが学びになった。」
という感想をいただきました!

イベント終了後には、連絡先交換をしている企業担当者と参加者も。
よく知れて最接近した機会となったようでした◎

ハローライフでは企業さんと直接話せる交流イベントを定期開催しています。
次回は3月22日(水)開催、ホンネで話せる夜の合説 〜こだわりのものづくり編〜です。
ぜひご参加ください!
http://hellolife.jp/events/yorunogousetsu0322